【レビュー】モノマックス 11月号【付録】コスパ高すぎ!付録の域を超えたボストンバッグ!MonoMax

img_5964-640x620

MonoMax(モノ マックス) 11月号

発売日:2016年10月8日
価格:880円

付録:ナノ・ユニバース 贅沢ボストンバッグ
サイズ:タテ31×ヨコ46×マチ20 ㎝

 

11月号の MonoMax モノマックスの付録は、雑誌付録史上 最大なんじゃないかと思うぐらいの、BIGな付録です!!しかも大きいだけじゃない!高級感だってBIGに兼ね備えた、付録レベル越えの ハイクオリティなアイテムでした。

img_5965-640x607

インパクトがありすぎて、何から説明しようか迷うような付録ですw

まず素材ですが、本体生地はポリエステル。ハンドルとブランドタグ、ファスナー引手は レザー調になっています。どちらも 安っぽいという言葉は、どこにも当てはまらない上質の素材です。

本体生地は適度な硬さがあり、中に何も入れなくてもバッグが自立します。厚みもあり、やぶれる心配もありません。

落ち着いたネイビーは、ほんのり光沢があり 製品と変わらない存在感があります。

img_5966-640x370 img_5971-640x397

ブラウンのレザー調素材は、肉厚で丈夫。丁寧な縫製が施されていて、880円の雑誌付録とは思えないほどです。惚れ惚れします♪

しかも、まさかのダブルファスナー!こんなにコスパが高い付録も 珍しいんじゃないでしょうか?出版社は儲けがあるのか?心配にさえなりますw

img_5978-640x410 img_5970-640x388

この付録の素晴らしいポイントの一つは、ハンドルのクオリティの高さだと思います。

付録のレベルを はるかに超えたハンドルには、高級感があります。スーツ姿で持っても 安っぽく見えない、持つ人のレベルだって損なわない上質な雰囲気があります。

しつこく言いますが、880円の雑誌付録だなんて信じられないです!

img_5975-640x478 img_5977-640x401

内側には 付録らしい生地の内ポケットが2つ。パイピングテープが むき出しになっています。

このあたりの付録らしさに、安心感すら覚えましたw

しかし決して粗悪な作りではなく、表地のクオリティを損なわないような 仕上がりになっています。

堅いパイピングテープも骨組みの役割をして、バッグ本体の型崩れを防いでいます。

 

お店のボストンバッグ売り場にさりげなく置いてあっても、付録の違和感なく売れてしまうんじゃないかと思うようなアイテムです。

容量は1泊2日サイズです。ハンドルも肩掛け出来るので、荷物をたくさん詰め込んでも 持ち運びラクチンです。

img_5973-640x447 img_5974-640x440

いつも付録写真を撮る時、タオルなどを中に詰めるのですが 今回は大変でした。容量が大きすぎて、タオルが足りないかと思いましたよw

こんなにタオルを詰めると重さも出ましたが、それに耐えうる丈夫なハンドルでした。重たい荷物でも安心して入れることが出来ます。

とにかく この付録が880円なんです!880円でボストンバッグだけ売っていても買いなのに、雑誌まで付いているなんて、もう動揺が隠せませんw

売り切れちゃうと思うので、書店などで見かけたら即ゲットです!

 

モノマックス 11月号***アマゾン

モノマックス 11月号***楽天ブックス