【レビュー】MonoMax モノマックス7月号【付録】ナノユニバースから本革!3点セット!

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

MonoMax モノマックス 2017年7月号 雑誌 付録

発売日:2017年6月10日
値段:890円

雑誌付録:ナノ・ユニバース 本革小物3点セット

セット内容:
・財布:タテ9×ヨコ10.5×マチ1
・カードケース:タテ6.5×ヨコ10.5×マチ1.5
・キーリング:全長11 cm

素材:牛革、PVC



モノマックス7月号の雑誌付録は、革小物3点セット!

財布、カードケース、キーリングの3点になっています。

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

モノマックス8月号の付録内容

ナノユニバースの、本革小物が8月号の付録です。

厚さ2ミリほどの牛革が使用されています。

革独特の匂いとツヤがあって、パッと見は付録とは思えない仕上がりになっていました。

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録 MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

ファスナー付きの財布は、一見すると高級感のある仕上がりです。

ただ、閉める時にファスナーの滑りが悪く、何かに引っかかって閉めにくいです。

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録 MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

財布の端は未処理のまま。

財布って、この端っこの処理(コバ処理)でクオリティが決まるので、付録らしさそのままって感じですね。

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

ファスナーの滑りこそ悪いですが、柔らかくしなやかな本革なので、大きく開いて中身の確認がしやすいです。

柔らかく手に馴染むので、比較的扱いやすい財布だと思います。

ジーンズの後ろポケットにも 入るサイズになっています。

 

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録 MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

カードケースは、中にたっぷりカードや名刺が入るようになっています。

ナノユニバースのシルバーロゴも、カッコ良くてイイ感じなんですが、非常に残念な仕上がりでした。

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

開封した瞬間、その折りジワにびっくり。

もっと梱包方法があったと思うのですがw

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

そしてフタが常に開くw

とめるボタンが無いので、ずっと開いています・・・気になる。

フタ部分を下にして置くと、収まるかと思って裏返してみましたが、

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

これまた、浮くw

ビジネスシーンで名刺入れとして使う事は、オススメできないですね。

商談中、ずっと浮いてたら気になりますもん。

このカードケースを無しにして、その分 財布のコバ処理した方が良かったんじゃないかと思ってしまいましたw

MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録 MonoMax モノマックス 7月号 雑誌付録

キーリングは、そこそこクオリティが高く製品っぽいです。

ただ、裏側のモフモフした部分をそっとこすると、ボロボロと表面が削れてパソコンまわりが汚れましたw

7月号の付録は、デザインがけっこう気に入っていたので使いたかったのですが、クオリティが高くないので残念な気持ちです。

ファスナーが引っかかるけど、財布は使うかな♪

 

モノマックス 7 月号***アマゾン

モノマックス 7 月号***楽天ブックス